樹心台の理念

樹心台は、障害を持つ人も持たない人も、ともに支え合って豊かに暮らせる、ノーマライゼーションの実践を基本理念として、 今ここでの出会いを大切にしながら、その人らしい自立と自律を支援することをめざします。

樹心台の運営方針

1.質の高い看護・介護とリハビリテーションを専門職のチームで提供致します。

2.高齢者の個々の可能性を最大限に生かし、自立を支援します。

3.人間の尊厳と人格を尊重し、プライバシーの保護に配慮したケアサービスを提供します。

4.家族やゆかりの人々との絆を大切にして、在宅復帰と住み慣れた地域での生活を支援します。

5.自立した在宅生活が継続できるよう、居宅サービスを提供するとともに、御家族の介護負担の軽減に努めます。

6.地域社会との交流により、相互に学びあい、地域と一体となって介護予防に努めます。

「令和4年正月三が日の面会について」

当施設の面会については、平日だけの対応等でご不便をおかけしています。
新年を迎えるにあたって、正月三が日、下記要領にて特別に面会を予定しております。
*オンライン面会はできません。
*感染状況次第で、中止することもあります。
・面会日;1月1日、1月2日、1月3日の3日間
・面会時間;それぞれ午後2時から午後4時まで
(約10分間、人数は3人まで)
・3日間の面会で1利用者に1回のみ
・事前申込;12月13日(月)9時から受付を開始します。
電話;0968-73-4165
・直接面会できるのは九州管内居住者のみとします。
九州管外居住の方や乳幼児の方、多人数の場合は、ガラス越しの面会になりますのでご了承ください。
・1月4日以降の面会について、これまで通り平日の偶数日が2階利用者、奇数日が3階利用者です。
・面会する方は、マスクの着用、検温、消毒をお願いいたします。
*ほかのご家族の皆さまへも、お知らせください。

オンライン面会は継続します。
オンライン面会ご希望の方  詳細はこちら

PAGE TOP

スマートフォン版へ